経済産業省は健康経営の普及促進に向けて、次世代ヘルスケア産業協議会健康投資ワーキンググループ(日本健康会議健康経営500社ワーキンググループ及び中小1万社健康宣言ワーキンググループと合同開催)において「健康経営優良法人認定制度」の設計を行っております。
令和2年3月2日付けで「健康経営優良法人2020」に認定され、続く令和3年においても、2年連続となる「健康経営優良法人2021」に当社が認定されました。


静岡県の健康寿命の更なる延伸を目指し、個人の健康づくりや事業所の「健康経営」に取り組む企業として認定されています。

品質方針

最上の品質を作り込み、顧客の信頼と満足を得る製品を提供するため、当社の
品質システムの有効性へ継続的改善を行い、以下の品質方針を定めています。

1. 顧客の立場(設計、購買、品証、製造等)に立って図面を解読し、品質の安定した
  製品を作り込む。
2. プロ意識を持って仕事に向かう。
3. 常に新しい加工方法を追求し、実現する。

制定日:2002年5月1日

環境方針

基本理念

当社は、地球環境の保全が人類共通の重要課題のひとつであることを認識すると共に、
企業活動のあらゆる面で地球環境及び地球環境の保全に配慮して行動する。

行動方針

1. 当社は合理的な生産活動と質の高い精密板金加工品を提供するという基本使命を
  踏まえ、以下の重点項目について積極的に取り組む。
2. 当社業務による環境影響を的確に把握し、環境管理組織や社内規定等の運営制度を
  整備し、環境の継続的改善と汚染の予防に努める。
3. 環境に関する法律、規則等を順守し、当社が同意したその他の要求事項に
  適合させる。
4. 5Sの徹底を図る。
5. 全従業員にこの方針を周知し、環境意識を高めるために環境教育及び啓発活動を
  実施し、必要に応じて当社外に知らせる。
6. この環境方針は、文書により社内外からの要求に応じて公表する。

制定日:2007年2月1日

BCP(事業継続計画)とは、災害や事故・感染症等の発生後でも事業を継続させていくための計画です。
森精工は、万一事業活動が中断・低下した場合でも、目標復旧時間内に重要な機能を再開させ、業務中断に伴うリスクを最低限にするために、平時から事業継続について戦略的に準備しております。

BCP基本方針

顧客への供給責任

従業員とその家族の安全確保

弊社独自方針(地震の場合)

観測・注意・予知情報発令時の対応の明確化(就業時・夜間・休日)

地震発生時の処置(震度別分類)

2009年7月27日中日新聞掲載記事

2009年7月30日東愛知新聞掲載記事

ページの先頭へ

近隣顧客・取引先・従業員配置図

地震発生時の近隣顧客・取引先が弊社から何km圏内であるか、また、従業員の自宅が弊社から何km圏内に位置しているかをマッピングにより把握しています。

命のパスポート

独自の「命のパスポート」を全従業員が常時携帯し、災害時の安全確保と状況に応じた対応を迅速に行えるよう、常に意識付けを徹底しています。

社内防災対策

重量物の多い箇所には、落下・横転防止用保護具の取付を行っています。
その他にも、災害時の移動手段として、緊急用自転車・バイク、従業員に配布可能な防災用品一式を常備しています。

緊急地震速報「デジタルなまず」

気象庁の緊急地震速報を24時間リアルタイムで受信可能です。地震発生直前の従業員の早期避難に活躍します。

感染症への対応

強毒・弱毒性や発生地域からの距離の把握、来訪者への対応、従業員感染時の対応等、分類項目別に各々の対応策を作成しています。

デジタルデータ

加工プログラムデータ・業務データを毎日深夜にバックアップし、災害時のデータ復旧を迅速化しています。

ページの先頭へ